Shopping Cart
Your Cart is Empty
Quantity:
Subtotal
Taxes
Shipping
Total
There was an error with PayPalClick here to try again
CelebrateThank you for your business!You should be receiving an order confirmation from Paypal shortly.Exit Shopping Cart

東洋医学療法と

  高度生殖医療を併用して

    不妊症を克服しましょう!

 結婚をして正常な夫婦生活を営んで妊娠を望んでいるのに、2年以上経っても子

供に恵まれない状態のことを不妊または不妊症と呼ばれています。健康な夫婦で

あれば避妊しない限り、約80%の方が1年以内に、90%の方が2年以内に妊娠さ

れていますので、不妊症と呼ぶには確実なところで3年と考えれば良いでしょ

う。

 そして最近の統計では6組に1組が不妊症ともいわれています。原因として

は、働く女性が増えて心身共に無理を強いる生活を送り、また男性においても過

度なストレスなどが、ホルモンの分泌を低下させて不妊症の増加に影響している

とも考えられています。

 

 不妊治療に対して高度生殖医療が日進月歩的に進化して、次々新しい治療法が

考案され、妊娠できない人を絶望の崖から救い希望をもたらして来ました。

高度生殖医療とはいえ、成功するためには良い卵子を得る、良い胚が育つ、ふか

ふかとした子宮内膜などの条件が必要です。そのため西洋医学は患者のホルモン

バランスを見極めて、月経周期に合わせていろいろなホルモン剤を投与します。

ホルモン剤の使用目的は、如何に効果が良く・早くなのですが、それなりに身体

の副作用の苦痛に耐えられず、不妊治療を中断したり諦めたりする方が数多くい

らっしゃいます。また、繰り返しの排卵誘発剤の使用により、卵巣機能が低下し

て閉経に至る例もあります。

それらの状態を防ぐことが出来るのは、東洋医学なのです。

 

 不妊症をはじめ婦人科疾患に対する治療は、中医学(東洋医学)の得意分野で

す。中医学といえば鍼灸療法と漢方療法です。妊娠できないということは必ずど

こかに問題があるはずです!患者様の体を中医学的四診(問・望・聞・切)で調

べて、証をたて体質改善に向けて根本的な治療をいたします。

 ◆中医鍼灸の治療はどんな効果を得られますか?

 ★ 卵巣に刺激するにより、ホルモンの分泌を促進し、衰えた卵巣を若返り、

   良質の卵子が育てる。

 

 ★ 崩れたホルモンバランスを正す、月経周期を安定する。

 

 ★ 体力を増強し、ホルモン剤などの副作用を軽減する。

 

 ★ 血行促進による、理想的な子宮環境を作り、、受精卵が着床し易くする。

 

 ★ 排卵誘発剤の使いすぎで低下した卵巣機能が早く回復する。

 

 ★ 不妊治療によるス精神面のストレスと体調不良や不安を解消する。

 

 ★ 月経に伴い不快な症状を緩和する。

 

 ★ 骨盤内の血流を改善により、卵管、卵巣の炎症吸収を促進する。

 

 ★ 腰や下腹部やお尻、足の冷え症状を改善する

★ 子宮の収縮を抑制し、早期流産を防ぐ。

                     代表的に以上の内容が挙げられます。

卵管通過障害:①感染症によ卵管の閉塞

          ②子宮内膜症

          ③他臓器の炎症により癒着


 排卵障害:  ①ホルモン異常

           FSH、LHが低下

           プロラクチン値が高い

           甲状腺機能亢進または低下 

          ②卵巣機能が低下

          ③多嚢胞性卵巣症候群


 子宮の病気:

          ①子宮筋腫

          ②子宮腺筋症

          ③子宮内膜炎

◆中医学では不妊に関して、どのように考えますか?

中医学では不妊症を症状によって大きく4つのタイプを分けて、さらに詳しく分類すると6つのタイプがあります。

 自分はどちらのタイプに近いか?しっかりとチェックしましょう。

一.腎虚タイプ

  不妊症の中にもっとも多いタイプです。中医学では生殖機能をコントロールするのは「腎」だと考

  えています。     

腎の働きが低下すると、卵子の成長と排出に支障を来たす。だから中医学による不妊治療の第一歩は、

  腎の働きを強化すること。

  腎虚にも更に3つにタイプを分けています。

①.腎気虚   

  腎気とは生まれつき持っている腎の精気(性ホルモンに相当する)ことです。腎気が衰えると老化

  現象が現れる。

  

  症状として:生理周期の乱れ、酷ければ閉経になる。めまい・耳鳴り・ 腰と足が常にだるい・疲

  れしやすい。

  高温期でも基礎体温が上がらない、或はわずかしか上昇しない。

②.腎陽虚  

  腎陽とは五臓六腑の機能を促進し、温煦(温める)する作用というものです。腎陽が弱くなると、

  体は全体的に冷えてしまう。

  症状として:腰腹部冷痛・手足の冷え・頻尿・下痢しやすい・男性は陰萎・早漏・性欲減退・女性

  は不妊(ホルモンの低下)、卵胞発育不良、排卵障害、基礎体温が上下不安定、生殖器の発育不

  良)など。他の臓腑の働きも衰弱を引き起こす。

  治療方針:鍼灸で温腎助陽助妊(腎を温めるに事により、妊娠し易くする)

  常用漢方薬  八味地黄丸・牛車腎気丸・など

  よく使う生薬  肉桂・杜仲・続断・莵糸子・巴戟天・覆盆子・肉蓯蓉など

③.腎陰虚  

  腎陰とは 全身の各臓腑を滋養し、潤沢にするものです。     

  腎陰不足すると、各臓腑を潤すことできないので、一連に熱っぽい症状が現れる。   

  症状として:不妊(黄体機能低下や子宮内膜が薄い)・生理がよく遅れ、量も少なく・めまい・耳

  鳴り・腰、足に力が入らない・手の裏や足の裏や、胸などがほてる・ 煩熱・のぼせ・寝汗・口や

  喉や皮膚が乾燥する・顔色に艶がない。舌が赤く乾く、苔がない。

  治療方針:鍼灸で滋補腎陰、助妊(腎陰を補うことにより、妊娠し易くする)

  常用漢方薬  六味地黄丸・など

  よく使う生薬  山茱萸・枸杞子・熟地・女貞子・当帰・白芍 

二.肝鬱気滞タイプ

  ストレス、過労、悩み、怒り、長期的に感情を抑えるなど、先ず傷付くのは肝である。当院では不

  妊の人の3割ぐらいは当タイプです。肝が影響されると、肝気の巡りが滞ってしまう。

  人体において気と血は並行して(離れなく)流れている。気滞により血も滞り、そのため子宮・卵

  巣に栄養を送れなくなって、妊娠し難くくなる。

  症状として: 生理が早く来たり、遅れたりする・生理前から乳房や下腹部が張って痛い・生理

  痛・生理血中に塊がある・普段から精神的の抑うつ、或はイライラして、怒りっぽい。

  治療方針:鍼灸で疏肝理気助妊(肝気の流れを良くして、妊娠し易くする)

  常用漢方薬  加味逍遥散・抑肝散・当帰芍薬散・など

  よく使う生薬  柴胡・香附子・当帰・白芍・川窮・牡丹皮・延胡索など

三.痰湿内阻タイプ

  肥満な人や脾腎の弱い人は水の代謝が悪く、水湿が体内に溜まる、長期化すると湿痰が生じる。

  この湿痰は気の巡りを妨害し、子宮・卵巣の周りに脂膜を作り、妊娠し難くくなる。

  症状として: 肥満な体質・生理がよく遅れる・酷ければ閉経に至る・ おりものが多い・めま

  い・動悸・ 顔色は艶がない・舌苔が白く厚い。 

  治療方針:鍼灸で除痰袪湿助妊(痰、湿を取り除いて、妊娠し易くする。)

  常用漢方薬  防已黄耆湯・苓桂朮甘湯・加味補中益気湯など

  

  よく使う生薬  半夏・茯苓・陳皮・蒼朮・黄耆

四.血瘀阻滞タイプ

  生理期、或は産後に冷えたり、不清潔な性生活、ストレスなどにより、骨盤内の血流は渋滞してし

  まう(鬱血)、古い血が胞脈を詰まり、妊娠し難しくなる。

  症状として:生理がよく遅れる、生理の前から下腹部が激痛、生理の量が多かったり、少なかった

  り。色は黒っぽく塊がある。

  このタイプは子宮内膜症、子宮腺筋症通、子宮筋腫、骨盤内炎症、子宮付属器炎によく見られる。

  治療方針:鍼灸で活血化瘀助妊(血行を良くして、鬱血を改善、妊娠し易くする。)

  用漢方薬  桂枝茯苓丸・桃核承気湯・大黄牡丹皮湯・温経湯

  よく使う生薬  川窮・牡丹皮・延胡索・桃仁・牛膝・莪朮・紅花

 どちらのタイプに近いか、4つ以上当てはまれば、該当タイプでしょう。

 または同時に2つ以上のタイプの症状を持つ場合もよくありますので要注意です。 

診療費のご案内(不妊治療)         

  初診料    5000円     

  診療費    6000円

 浦和駅西口3分 蘭静中医鍼灸院

 048-834-0030 

        ご相談・お問合わせは[email protected] までどうぞ。