Shopping Cart
Your Cart is Empty
Quantity:
Subtotal
Taxes
Shipping
Total
There was an error with PayPalClick here to try again
CelebrateThank you for your business!You should be receiving an order confirmation from Paypal shortly.Exit Shopping Cart

鍼灸で子宮の問題を解決し、

あなたの健やかで美しい日々を

      取り戻しましょう。

 ◆子宮内膜症とはどんな病気ですか?

 子宮内膜とは子宮の一番内側の膜です。月経周期に

従って厚くなったり、剥がれしたりと変化します。本

来ならば子宮腔にしか存在しないはずの子宮内膜組織

が子宮内以外の場所に出来て、月経周期に併せて増殖したり、出血したりしま

す。その出血は出口がないため、体の中に溜り、塊りができて、癒着を引き起こ

します。この病気を子宮内膜症と呼びます。                                        

   

 卵巣内で繰り返し出血すると、血が外に出れないため、だんだん大きくなり、

チョコレート嚢腫という腫瘍が出来てしまいます。子宮内膜細胞は血流によって

子宮から離れた場所にも移ってしまうことがあります。虫垂、膀胱、尿管、腸な

ど以外に、稀ですが肺にできたりすることもあります。

◆なぜ癒着を引き起こすの?  

     

 体内に出血が起こると、体がそれを治そうとして自然に病巣を包むような膜が

できて、そのため癒着が起こります。臓器と臓器、臓器と腹膜がくっ付いてしま

い、生理期以外にも 痛みを感じることがあります。                                                                                                                                                                                                                                                                                           

月経がある女性の10人に1人は罹っているとも言われています。生命に危険を

及ぼすような病気ではありませんが、閉経までずっと付き合うことになるかもし

れません。月経がある限り完治することのない慢性病す。

 ◆子宮内膜症とはどんな症状ですか?

   こんな症状に要注意!

 * 生理痛が激しく、鎮痛剤が効かないほどである。

 * 生理痛と同時に吐き気がする。

 * 年々、生理痛が酷くなっていく。

 * 生理の量が多く、レバー状の塊りが大きく、増えてくる。

 * 生理期間が長く、だらだらして十日以上続く。貧血になる。 

 * 生理期以外にも下腹部痛がある。

 * 排便の時に肛門の奥のほうが痛む。

 * 性交の時、膣の奥に激しい痛みを感じる。

 * 不妊症である。 

                     以上西洋医学の見解です。

  ◆さて、東洋医学ではどうなるの?

 中国では子宮内膜症患者に対して西洋医学のホルモン療法と手術以外に、鍼灸

治療、漢方薬治療も、積極的に取り入れます。かなり効果があげられています。

日本では、あまり知られていないようですが、中国では、婦人科医師ならこの事

は常識です。

≪子宮内膜症の当院の取り組み≫

 当院では、子宮内膜症という病名に対して治療するのではなく、患者様の

個々体質に応じて治療方針を立てて、治療して参ります。

  

中医学では、子宮内膜症は瘀血によって子宮に繋がる胞脈を阻止し、「不通即

痛」すると痛みを生じる。瘀血を引き起こす原因は肝気欝滞と寒邪侵入による

ものと定義します。

  治療方針:行気・駆寒・化瘀・止痛

     当院は子宮内膜症の治療は独特な方法で行います。

  一回目の治療で効果は自覚として感じられます!

 鎮痛剤の飲めない患者様には、特に鍼灸治療をおすすめいたします。

鍼灸治療を継続することにより、今まで鎮痛剤の効果がなかった方も効くように

なったり、痛みの一番つらい月経前半の活動(仕事、学校、家事など)に支障の

あった方もそれぞれの活動が出来るようになるなどの効果が期待できます。

 治療は普通の生理痛治療するような月経前、月経時に集中的にと言うわけでは

なく、原則週2回、定期的に治療をしていきます。

 診療費のご案内【婦人科疾患】

  初診料    4000円

  診療費    6000円

受付に際しては、待ち時間がないようにすべて

予約制とさせて頂きます。

ご連絡頂ければ、当日でも優先的に予約を

お受けいたします。

浦和駅西口3分 蘭静中医鍼灸院

048-834-0030

ご相談・お問合わせは  

[email protected]  までどうぞ。