Shopping Cart
Your Cart is Empty
Quantity:
Subtotal
Taxes
Shipping
Total
There was an error with PayPalClick here to try again
CelebrateThank you for your business!You should be receiving an order confirmation from Paypal shortly.Exit Shopping Cart

一見健康そうに見えるあなた、

   

    なかなかご家族(ご主人)の

     

     理解が得られず、辛くありませんか?

 更年期とは、生殖期(性成熟期)と非生殖期(老年期)の間の移行期」をい

い、卵巣機能が衰退しはじめ消失する時期にあたります。更年期障害とは、卵巣

機能の低下によるエストロゲン欠乏、特にエストラジオールの欠乏に基づく、ホ

ルモンバランスの崩れにより起こる症候群で、その症状が酷く仕事や家事などの

日常生活に支障が出るほどの状態をいいます。調査によると更年期世代(46歳

~55歳)の女性の8割が何らかの症状を有しており、そのうちの4割が更年期

障害と診断されます。

◆ 更年期障害はどんな症状がありますか?

一.血管運動神経症状(自律神経失調症様の症状)

① ホットフラッシュ: ほてりやのぼせと言う場合が多いです。                                                                                      

  

 更年期の代表的な症状です。暑くもないのに急に上半身、顔、首はほてって、熱くなってきて、

 頭、首、胸に多量の汗が出る、2~3分後に引いてしまう。一日何回も繰り返す。

 特に朝に大量の寝汗とホットフラッシュで目が覚める。これは自律神経の乱れにより起こったことで   

 す。8割の更年期女性にこの様な体験があります。程度は個人差があります。

   

②冷え

  

 冷えの症状も更年期に多く見られます。上半身は暑いのにかかわらず、腰から下半身、手足が冷えを

 感じる。

  

③動悸、息切れ

 

 突然心臓はドキドキして、心拍が速くなったり。時には遅くなったりします。胸が詰まるような息

 苦しくなったりします。


④めまい、耳鳴り

 更年期のめまいは立ちくらみやぐるぐると目が回るというようなものではなく、身体がフラフラ揺る

 さぶられるようなめまい。時々耳鳴りがします、数分間を続く。


⑤胃腸の不調

 自律神経の乱れが胃腸の働きを低下させ、胃もたれや胃痛、食欲不振などの症状もよく見られます。


二.精神神経障害症状


① 気分の落ち込み

 更年期障害の大きな特徴の一つは気分が落ち込む、不安感、無気力ことです。何をしても気持ち

 が浮き上がりません。イライラしやすい、集中力がない、マイナス思考になりやすい、性欲がな

 いなど症状を伴い場合が多いです。酷い場合は自殺願望を生じる。


② 頭痛 

頭痛の特徴は重く痛い、後頭部から首筋にかけてこわばりような鈍痛。時には頭頂部が痛い。 吐き

 気を伴う場合もあります。

  

③ 不眠

 更年期の不眠は悶々として眠れない。寝つきが悪い、熟睡した感じがしない、一晩に何回も目が覚

 める、朝の目覚めが早くなります。


④ 疲労感

 精神的、肉体的に疲れを感じる。大した仕事や家事をやっていないのに、体がすぐ疲れてしまう、と

 くに両足がだるい。倦怠感。


三.筋肉、神経障害症状

 肩こりや腰痛や背中痛を訴える人は少なくない。これは自律神経失調による血管、筋肉収縮で血液循

 環が悪いことが原因で起こる症状です。または手足がしびれることもあります、整形外科で検査して

 も、“異常が見当たらない”と診断されることが多いです。


四.その他  


 皮膚が乾燥しやすく、敏感になり、痒みや湿疹が出やすい。トイレも近くなり、時々尿漏れ、失禁す

 ることが発生します。女性ホルモンの低下で膣炎が発生し、萎縮、かゆみ、性交痛など症状も出ま

 す。

◆どうすれば、更年期症状を克服できますか?

  更年期には、いくらつらい症状が出ても、「気のせい」だとか「我慢して

いれば、そのうち良くなる」などと軽く片付けられる風潮があります。その

ため、自分一人で悩み、苦しむというケースが非常に多いようです。実はこ

のような消極的な更年期を過ごす型は、更年期を長引くだけではなくいろい

ろ病気を身につけてしまうものです。

 

もし更年期をスムーズに乗り越えようとするなら、まず自ら生活習慣を改善しましょう!

一.体力を付けて、代謝を良くするため 、積極的に体を動かす。

 更年期の症状改善にと、急激な運動を始めるのはタブー。発汗を促し、手足の血行を良くするウォー

キングや水泳や太極拳やストレッチなどの有酸素運動から始めましょう。有酸素運動は呼吸器や循環器

系に刺激を与え、手足の血行を良くすると自律神経の働きを良くすることにもつながります。体力をつ

けると免疫力が高まり病気になり難くなります。

二.心をリフレッシュ、精神的に軽くする。  

 呼吸法で心を静める

  

 更年期の汗は前触れなく出てきますが、必要以上に慌てて恥ずかしがると汗の量が増してしまいま

 す。汗が噴き出てきたら、ゆっくりと腹式呼吸をすると自律神経のうちの交感神経が和らぎ、症状が

 軽くなります。

  

 気分転換を心がける 

  

 自分のために時間をつくり、好きな趣味を楽しむ。園芸や陶芸や、或いは映画、音楽会などの鑑賞

 や、お金を掛からないのお友達とのおしゃべりも一つのストレス解消の方法。

 汗をかきやすくする

 

 汗を抑えるより良い汗をかける体質になるようにします。それが一番の多汗の予防です。ゆっくりと

 半身浴をするのもいいでしょう。その際に、醸造酢や黒酢などを加えた「酢風呂」は特に更年期にお

 すすめの入浴法です。入浴直前にバスタブに入れ、最後にシャワーを浴びると酢のにおいも気になり

 ません。

三.食事のバランスを調整しましょう。 

 まず減塩、減糖、低脂肪の食事から始めましょう。 

四.そして専門の治療院へ相談しましょう!

 ≪更年期症状の当院の取り組み≫

実際は鍼灸が更年期の色々な症状に対して、最適な治療法だと言えます。   

非常に効果的です。当院の得意な分野の一つとして挙げられます。

  

鍼灸治療の前に、まずきめ細かく患者様の訴えを聞き、体質を調べ、症状を分析し、

治療方針を立てます。

◆鍼灸でどんな効果を得られますか?

 ●急激に低下した卵巣機能を調整強化する。女性ホルモンをある程度維持する。

 ●自律神経を調整し、アンバランスから正す、辛い症状を改善する。

 ●肩こり、腰痛、頭痛、関節痛などの痛みを緩和する。

 

 ●不眠症、冷え性を改善する。

 症状の軽・重により治療頻度が変化いたします。

 特にメンタル面で弱くなっている方は週2~3回の治療が必要です。

診療費のご案内「婦人科疾患」

  初診料    4000円       

  診療費    6000円

浦和駅西口3分蘭静中医鍼灸院  

048-834-0030     

email:[email protected]

  受付に際しては、待ち時間がないようにすべて予約制とさせて頂きます。   

  ご連絡頂ければ当日でも優先的に予約をお受けいたします。